株式会社ミラテック
トータルグラフィックシステム デザイン・企画・印刷・製本・加工
採用情報
トータルグラフィックシステム 
デザイン・企画・印刷・製本・加工

求める人材


少子高齢化社会と人口減少による人材不足が顕著な時代となり、更に働き方改革が進 む今日の社会においては人材、労働を考え直さなくてはならない、企業も経営が大変 難しい時代になっております。しかし、そんな現代社会においても変わらないことが あると私は思っております。日本は80年代から90年代にかけてのバブル景気、90年代 から2000年代の就職氷河期、そして今日の人材不足を経験してきました。売り手市 場、買い手市場は交互に訪れ、時代によって人の心が揺れ動いてきたように思いま す。しかし、人間としての在り方、生まれてきた目的である使命、これだけは生涯追 求し続け、仕事を通じてそれぞれの人生を発展させ、良いものにしていくことはいつ の時代も変わらない大切な事だと思うのです。

 人間社会は仕事をしないと生きてはいけません。人生の大半の時間を私たちは仕事 に費やしており、それによってもたらされる給与で食事をし、生活をしていきます。 思えば、我々は親の保護から巣立ち、社会人になった時から人生に於ける学びの大半 は仕事から得ております。上司、同僚、部下、お客様、取引先を通じて仕事という生 きる術を身に付け、それを高め続けることによって安定した暮らしができるように なっていきます。生まれてから社会への巣立ちまでの時間はご両親、友人、学校の先 生や緒先輩たちがみなさんの人格を形成しますが、これが人間性の基礎となり、それ が脆弱だと社会に出られてからご苦労をされます。社会人になってからは会社がみな さんを指導し鍛えていきます。これは立派な社会人として人生が成り立つよう、そし てご両親から頂いた大切な社員の命と人生が良きものであり、将来の安泰を願うから なのです。


 さてみなさんは今の時代をどう捉えておられるでしょうか?


 人材不足で引く手あまたの時代、重宝され、誰でも就職ができる時代です。上司も 辞められたら困るからと厳しいことを言わず、そのような職場では一見ストレスもな く、社員にとっては良い時代であるように思うでしょう。私はこんな時代に思い出す ことがございます。バブル真っ盛りの80年代終盤にマスコミが頻繁に警告していた 「10年後のクズ社員」というとても嫌な言葉です。決して人が悪いのではなく、人は 時代に翻弄されるのが世の常、そして未来がどうなるかは特に若い世代には予測が付 きにくく、自分の時代を当たり前と考えるのは仕方がないことです。

 現在、就職状況は大変良いようですが、これから来る時代はどんな時代なのでしょ うか。AIの技術が進み、今後、私たちの仕事の半分は消えてしまう時代が来ると言 われています。私はそんな時代が来るとはにわかに信じがたいのですが、正確に未来 を知る術はなかなか見つかりません。ただ間違いなく言えることは、仕事がより高度 化し、人が行う仕事がよりクリエイティブ(創造的)であることを要求されることは 間違いありません。そのような時代には人に求められる仕事がより高度化しますか ら、日々の学習努力が欠かせない時代になるのではないかと思います。正しい人材育 成は企業のより大きな責任であると思います。


 私はみなさんと出会い、職場を共にし、かけがえのない人生の時間を共有し、共に 生きていくにあたり、どのような人を求め、どのように考え、どのように仕事をして いただきたいのかを具体的にお話したいと思います。


 私は弊社に就職をしてこられるみなさんの人生をとても良いものにしていただきた いと心から願っています。良い人生とは単に毎日が楽しく愉快であれば良いというこ とではなく、日々の仕事を通じて魂を磨き高め続け、多くの学びを通じて生きる力を 鍛えていくところに発するものであると考えています。仕事を大切にし、生き方、考 え方、働き方を高めていくということは、命を授けて下さったご両親の心に報いるこ とはもちろん、形成していく人生に於いて出会う伴侶、家庭ができ、やがて生まれて くる子供たちにとって、とても幸せな事になります。良き社会人であると共に良き父 母、良き家族であってほしいと心から願っています。もちろん各職場での仕事ではそ の道のプロとして、変化のスピードが高速化し続ける現代においても常に新しいこと を学び、吸収し、プロとしての道を極めつづけて頂きたく思います。そしてあらゆる 人生に於ける土台となる人格を高め続け、魂を磨き続けるための学びを全社挙げて継 続することで、ミラテックで働くことが人生に於ける素晴らしいご縁にして頂けたら と考えております。

 モノとは違い、人間の魂は磨き続けることで放つ光は増すばかりです。良き人生の バロメータは正にこの魂の光の強さに比例しています。良きことを思い、良きことを 実践することで人は無限に成長し、魂もまた磨かれていくと思うのです。プロとして 仕事能力を磨き高め続けるのと同時に、自身の心、魂を磨き高め続け、優れた社会人 であると同時に美しい魂を有する人になって頂きたい。そのような考えに賛同して下 さる人を私は求めています。人生のことは全て仕事が教えてくれ、人生の幸せもやは り仕事が与えてくれます。これは疑っても仕方がない事実です。仕事がうまくいかな くなると生活が行き詰まります。仕事とはとても大切なものだと私は思っています。 世の経営者はクリエイティブ(創造的)であることを求められます。それは「うちの 会社は、今はこうだが、1年後、3年後、5年後にはこうなっている。」ということが 想像でき、明確に見えて、実際に辿り着く努力を怠らないという意味にほかなりませ ん。みなさんは自分の人生の未来が見えているでしょうか。「良い人生にしていただ きたい。」と私はいつも思っていますが、ではどうすれば良い人生を見えるように、 そして良い人生を形成することができるのでしょうか。私はいつも会社にとって良い ことをやり続けたいと思っています。それは掃除一つ、仕事一つ、そしてあらゆる社 内での業務一つ一つ全てに於いて「会社のために良い事、社員のために良い事」だけ をやり続けたいと思っています。それが会社の繁栄と共に皆さんのより良い人生を醸 し出してくれると信じているからです。

 今生における人生は一度限り。仕事を通じて多くを学び、体験し、経験と感動を積 み重ね、意義ある人生であったと思える生き方を心から望んでいる方、そのような方 に私は出会いたいと思っています。