株式会社ミラテック

vol.41 「メディアミックス戦略」における挨拶状や葉書とマーケティング

2019/1/16


「伝える」ことはとても大切

「メディアミックス戦略」における挨拶状や葉書とマーケティング


年賀状は減少の一途、その中でミラテックが取り扱う枚数は増加を予想しています。


平成最後の年、2019年を迎え、これまで日本人が守ってきた美徳としての習慣も大きく変わりつつあります。
2019年版の年賀状は前年度比マイナス1億枚の13億枚だったそうです。数字にすると8%の減少ということになります。また、お正月に届いた年賀状を見ても「本年をもちまして新年のごあいさつは打ち切ります」といった趣旨の言葉が書いてある年賀状もあり、いつもご無沙汰している人間関係をつなぐ唯一の手段であった年賀状も終わりにするという「宣告」は何だかとても寂しい気が致します。

元々年賀状とは「どうしても直接ごあいさつに行けない方へのお詫び」がスタートだったという説もあり、それが遠方にいる家族や親類縁者、友人との絆をつなぐ年一回のごあいさつとして確立され、今日に至ったと推察されます。それが近年ではインターネットやスマートフォンによるコミュニケーション手段の変化と同時にSNSなどの利便性が伴い、年賀状も紙媒体から電子媒体へと移行し、もはや過去の取扱量を回復することはないでしょう。しかし、個人間の年賀状のやり取りであればそれで構わないと思いますが、B to Bにおいては少し慎重になる必要があるのではないでしょうか。


1月 年賀状
3月 組織の新しい変化
7月 暑中見舞い
10月 ハロウィーン
12月 クリスマス


この5つのごあいさつの機会をみなさんはどう捉えていますか。私はこれを「PRと販促のチャンス」と考えています。これについて驚くべき事実を話しします。

明日の朝刊をご覧ください!

甲高い声が特徴の有名な社長さんが創業した大手テレビショッピング通販の会社、そのルーツはカメラ屋さんでしたが、目で商品が見られない声だけのラジオショッピングではこれまで不可能だと思われていた高額商品の販売に成功し、テレビショッピング、インターネットショッピング、そして年に4~5回全国に新聞折り込みされる紙媒体という、ラジオ、テレビ、ネット、紙の4つのメディアを活用した「メディアミックス戦略」で急成長されました。そして驚くことに4つのメディアのうち稼ぎ頭はなんと「紙媒体」なのだそうです。しかしこの事実は単純に紙媒体が最も効果があるのだと結論付けているのではありません。恐らく一度はテレビやラジオなどで聞いたことがあると思いますが「明日の朝刊をご覧ください!」という一言広告。これはとても優秀な広告であると評価されたそうですが、この広告が誕生する背景には社長の強い思いがありました。あるとき自社の新聞折り込み広告がどのくらいの紙を消費しているのかを調べたそうですが、それが1回あたり10トントラックで100台分に相当することがわかりました。「これは大変だ!こんなにたくさんの紙を消費しておいてほとんどがゴミになっていたのでは環境破壊も甚だしい!」と大変な危機感を持たれたそうです。「木材から作られる紙をできる限り有効活用しよう。」そういう思いから「明日の朝刊をご覧ください!」という一言広告が生まれたのだそうです。それが顧客の年齢層や購買行動とうまく合致し、テレビやラジオ、インターネットで宣伝すると共に紙媒体を見て頂くよう促し、販売に結び付く結果となっているそうです。

1年間の経営計画を実行するにおいて何らかの営業活動やPR、広告戦略は欠かせませんが、インターネット、メルマガ、SNSの普及と活用が進むにつれ、先に挙げた5つの挨拶状=紙媒体は「時代の盲点」として埋もれていくのではないでしょうか。シーズンごとの販売戦略や商戦においては何らかのPRは不可欠です。その方法はメルマガやSNSが経費もかからずとても効率的なように思われますが、実際に集客や販売にこぎつける確率はなぜか極めて不十分なのが現状です。どうやって自社の情報にアクセスし、購入や契約にこぎつけるのか、直接見てもらい、QRコードなどを通じて自社情報にアクセスしてもらうためには紙媒体を外すことはできないのではないかと思います。

例えば先に挙げた年間5回のイベント機会であれば、そこにキャンペーンやイベントを充てると同時にメディアミックス戦略を駆使し、様々な媒体で一人でも多くの顧客にアクセスして頂き、PRを行うことで相乗効果を発揮して初めて大きな成果が期待できると考えています。

年賀状をはじめとする紙媒体の挨拶状が減少すればするほど、その効果は高まります。届く挨拶状の減少に伴い、届けられた挨拶状がより印象深く際立つようになるからです。こんな時代には「お年玉」付きなどの官製葉書にこだわることなく、より個性的な挨拶状をメディアミックス戦略の切り札として活用し、人口減少のこの時代においても更なる売上利益のアップを目指して頂きたいと思います。


サンプル1
謹賀新年 旧年中は大変お世話様になり誠にありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。●●は今年もやります!
年の初めのお年玉キャンペーン
詳しくはこちらをご覧くださいませ。QRコード

サンプル2
新年度のフレッシュマンフェア開催!
人生の新しい門出、移動など、新たな生活を応援するグッズをご紹介しています。
詳しくはこちらをご覧くださいませ。QRコード

サンプル3
サマーキャンペーン開催中!
暑中お見舞い申し上げます。
暑い夏いかがお過ごしですか?
暑さを吹き飛ばすクールでお得なキャンペーンを開催中です!
詳しくはこちらをご覧くださいませ。QRコード

サンプル4
HAPPY HALLOWEEN ❤
せっかくだから今年も盛り上がろう!
HALLOWEENだからやってしまうミラテックのキャンペーン!
詳しくはこちらをご覧くださいませ。QRコード

サンプル5
MaryXmas
1年で最も華やかなこの季節、素敵なクリスマスをみなさんに楽しんでいただけるキャンペーンをご紹介いたします。
詳しくはこちらをご覧くださいませ。QRコード


時代の大きな変化の中で弊社のお客様は今後、今まで以上に活発な販促を実施され、年賀状が減少の一途というこの時代においても、私たちミラテックが取り扱う挨拶状の枚数は増加を予想しています。
弊社もまた活用しているこれらサンプルのような効果的なPR媒体をビジネスマンのみなさまにご提案させて頂きます。
お気軽にお問い合わせくださいませ。