HANABUSA(はなぶさ)

Enjoy yourself





テクノロジーはこれからも進化し続け
その役割は世界を包み
生活の全てに関わります。
バッグの中からノートを出す
テーブルの上に置かれてあるノート
ペンをとり描いている姿・・・
今はあたりまえの日常のシーンが近い将来
特別なことになるのかもしれません。
人が自分の手で何かを「描く」という美しい動作
”writing”を未来へ継承しながら
トータルにコーディネイトできるブランド
HANABUSA(はなぶさ)
美しくモダン 実用的で飽きのこないデザインと
上質な素材を使った
気品のある大人のためのブランドです。
HANABUSA(はなぶさ)が生み出す
デザインとスタイルは
あなたを洗練された人として美しく演出します。
人生はすべての一瞬が特別な時間。
大切な時間と共に過ごす
HANABUSA(はなぶさ)が
洗練された美しいあなたのSTYLEをつくります。

滝野克美
Katsumi Takino, Designer
 HANABUSA(はなぶさ)は、デザイナーの滝野克美の実兄であり画家の大升朗が手掛けようとしたブランド。
 朗が生み出す独特の技法で描かれる繊細な絵画は多くの賞賛を受けたが、彼が目指したものは妹と共にクリエイティブワーク全てをあらゆる商品に展開する事だった。
 HANABUSA(はなぶさ)は、「朗(あきら)」を父親の名前の一字である「英」で表し、日本的な読みの「はなぶさ」となった。
 互いにブランド構築の夢を語っていたが、2011年、朗は48歳の若さでこの世を去った。
 HANABUSA(はなぶさ)の存在は誰にも知られていなかったが、残されたロゴマークのスケッチや、彼の構想とブランドイメージを滝野克美が完成させ、世に知られることとなった。
 HANABUSA(はなぶさ)ブランドはロゴタイプの美しさと共に「はなぶさ」という日本語としても美しい音声を持っており、ロゴマークはブランドの語源である「英」の文字を思わせるシルエットを有している。
滝野克美(Katsumi Takino)
HANABUSA(はなぶさ)デザイナー
1969年生まれ。
グラフィック、パッケージ、バッグデザイン、美術展の演出など幅広いジャンルで活動。2013年ブランドHANABUSA (はなぶさ)を立ち上げる。TOKYO DESIGNERS WEEKの出展と共に活動を本格化。


pagetop